韓国 Ulsan 港ケミカルタンクターミナル建設検討に関する提携合意の件

2019年11月14日

MOL ケミカルタンカーズ (MOL Chemical Tankers Pte. Ltd.、以下“MOLCT”、本社シンガポール)は、韓国 Ulsan 港におけるケミカルタンクターミナル建設検討を進めることで、Korea National Oil Corporation(以下”KNOC 社”、本社韓国)及び、SK Gas Co., Ltd(以下”SKG 社”、本社韓国)と 11 月 13日付にて提携合意しました。

本提携に伴い MOLCT は、KNOC 社が Ulsan 港に建設する複合タンクターミナル(註)の為に設立する Korea Energy Terminal Co., Ltd.社(以下“KET 社”、本社韓国)に SKG 社とともに 出資参画します。

(註) 総事業費 6,160 億ウォンの大規模な石油製品・天然ガス、石油化学製品タンクターミナルプロジェクト。2024 年にタンクキャパシティ 273 万バレル規模で稼働開始予定。

MOLCT は 100%子会社である MOL Nordic Tankers A/S 社と併せ、80 隻超の船隊からなるパーセルケミカルタンカーをグローバルに配船し、液体化学品・動植物油の海上輸送において世界をリードしています。

加えて昨年以降、ケミカル総合物流企業への転換を図り、世界有数のケミカル・クラスターである Antwerp 港(Belgium)においてタンクターミナル事業へ進出すると共に、世界的大 手タンクコンテナオペレーターである Den Hartogh Logistics 社(本社オランダ)への出資を通じて陸上物流事業へも進出を果たし、総合物流企業への事業展開を着実に進めて参りました。

韓国は世界最大の化学品需要地である中国に近いという地の利を生かし、今後ますます取扱量が増えることが見込まれます。その中でも Ulsan はすでに石油化学品産業の集積地として、多くの液体化学品を取り扱っています。今回、Antwerp 港に続いて Ulsan 港でケミカルタンクターミナル事業の開発を目指し、北東アジア地域においても、多様化する顧客ニーズにより一層柔軟に対応できるようサービスメニューの拡充を図ります。

MOLCT は今後とも、全てのお客様に良質の輸送サービス及び物流ソリューションを提供し、さらなる顧客満足の向上のために尽力致します。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                           以上